2017-04-07

いつから私はブログを書くことを“仕事”と思うようになったのか

おや…。気がつけば新年度がはじまっているようで。
なんだかバタバタした日を過ごしていました。

 

東京と実家のある新潟で月半々くらいのペースで行き来しているので「家賃もったいないなぁ~」と思って不動産屋に行ってみたり。引越しを検討したけど、今のお家大好きだし、とりあえず見送りにしてみたり。

 

部屋の掃除をしたから不要品をメルカリに出品してみたり。(※可愛いっぽい感じで梱包するのが好きです。)ゴミ袋2袋分の大量の不要品を捨ててなんとなくすっきりしてみたり。

 

「忙し~~~!」っていうのが口癖になってたけど、新年度だし、忙しがるのもうやめるね。

ブログ=仕事 ではない

rrr3

私…
今の仕事をはじめてから、ブログを書くこと=仕事と思うようになっちゃってた。とにかくブログを書くのに重い腰が上がらなくて、仕事終わって家帰ってきてまで、なんでブログ書かなきゃなんないのって。

 

今の仕事柄、企業様からの依頼に沿った内容でライティングをすることが多くて。それだけで消耗しちゃう。個人で請け負ってる仕事も、全部ライティング。

 

いつのまにか、書くことが仕事って思うようになっちゃったなぁ。

 

もちろん、仕事ではあるんだけど、そもそもこのブログは、自分で作ってるものは、「楽しい~!」って思いながら書きたいというのが根底にあって。いやいや書いた、ただの文字数埋めで書いたような記事は誰の心にも響かないゴミなわけですよ。
こうしている私の時間だって。

 

もう15年ほど前。
私がまだ中学生?高校生だった頃。
ガイアックスという無料ホームページ作成ツールで、小さなホームページを作って楽しんでいた頃のことを思い出してみよう。

 

見よう見まねでHTMLを独学で学び、めちゃくちゃに組んでるけどなんとか形になってたホームページ。ふみコミュのランキングで1位を取ったときのあの気持ち。思い出してみよう。

 

ただただ楽しかった。
今も私は、そういう風にブログを書きたい。

 

どうも大人になってからは、「最初から完璧」「ちゃんとしなきゃ」「ちゃんとしたものを作らなきゃ」っていうのにとらわれてるなぁ、と。

 

良いんだよ、たとえインターネット上に他人からは「ゴミ」と思われるものを生み出していても、自分さえ、大切にできていれば。

 

ってことで、100万回目の「オラ、もっと思ってることをどんどんブログに書いていきてぇ!!」をはじめます。

関連記事